みんなでつなごう 未来のスイッチ
11/23(金)〜24(土) サイエンス アゴラ2007
in 国際研究交流大学村 (東京国際交流館)
かがくナビ 折り紙飛行機大会
主催:独立行政法人 科学技術振興機構

科学技術振興機構 メディア課のブログです。
http://www.kagakunavi.jp/blog/show/7

▽同じくメディア課のブログにて、映像が公開されておりますので、ぜひご覧下さい。
http://www.kagakunavi.jp/library/show/49

●鈴木真二先生(東京大学大学院教授 航空宇宙システム学講座)による
 科学実験ショー&ミニレクチャー
 ※23日(金)のみ

みんなでJALに聞こう(日本航空パイロットと乗務員の方による質問ショー)

●戸田拓夫 会長(日本折り紙ヒコーキ協会)
による折り紙ヒコーキ教室
 
(13:00〜17:00の間にて繰り返し実施)

二日間で420名あまりの参加をいただきました。
嬉しいことに両日ともに参加してくださった方もいました。
夏のタワーイベント(とうもろこしツアー)に、参加してくださったご家族の姿もありました。


多くの皆様のご来場まことにありがとうございました。



移動「紙ヒコーキ博物館」がやってきました♪
普段は広島県福山市の紙ヒコーキ博物館に展示しています。

巨大スペースシャトルの展示や、戸田会長著書の本の販売も。

大人気!「格納庫へGO!ゲーム」
戸田拓夫 会長(日本折り紙ヒコーキ協会)による折り紙ヒコーキ教室
受付開始スタートより多くの方が教室へ申し込みしてくださり、大盛況となりました。

いかヒコーキ、へそヒコーキ、ウィングマスターを指導。
子供たちだけでなく、大人の方も夢中になって紙ヒコーキ作り。
ただ作るだけでなく、調整して飛ばすという初めての体験をとても楽しんでらっしゃいました。
日本折り紙ヒコーキ協会 主任指導員の岸浦による、折り紙ヒコーキ教室です。↓

鈴木真二 先生
(東京大学大学院教授 航空宇宙システム学講座)による科学実験ショー&ミニレクチャー


新聞を利用して、空気の重さを感じる体験や、
バルーンが飛んだり、空き缶がつぶれたりと、さまざまな化学実験ショーに参加者からは歓声があがっていました。

「みんなでJALに聞こう」イベント


日本航空のパイロットと乗務員の方が、参加者からのさまざまな質問にひとつひとつ丁寧に答えてくださいました。
おかげさまで大盛況のうちに無事 二日間 終了いたしました。
ご参加いただいた皆様、まことにありがとうございました。
またお会いできる日を楽しみにしております。

イベント情報トップへもどる